9月 Belly Dance Tour with Nourah

  • 2012.01.13 Friday
  • 16:02

2012年9月、Nourah、去年に引き続き、トルコにおけるインターナショナル・ベリーダンス・フェスティバルに講師として招待されます。
Sema YildizをはじめトップダンサーのDidem,Serap Su,カナダからはAzizaも参加します。

それに合わせて、8月31日〜9月8日の9日間、ノーラと旅するベリーダンスツアーを行います。

参加に興味のある方、詳細知りたい方、どうぞお気軽にご連絡ください。

*注意*
フェスティバルの注意事項
2012年2月15日以降の予約には最小で50€、または各予約の額の7%が追加料金になります。

以下フェスティバルURLです。

http://www.tarazade.com/


Istanbul days 1

  • 2011.10.11 Tuesday
  • 06:54
 10/4火曜日に東京を離れ、アブダビで5時間トランジット、24時間かけてイスタンブールに到着してからもうすぐ1週間たとうとしています。
今回はユックリとイスタンブールの生活を楽しんでいます。

日曜日には友達を家によんでティーセレモニーをしたり。
こちらで宿泊させてもらっている元DEVADASIスタジオメンバーの洋子さん。
日本舞踊、お茶に精通している方なので、みんなに着物や浴衣を着せてくれました。






みんな大喜びです。
もちろん、私も。

それぞれに浴衣や着物を着せてもらったら、さぁ、お抹茶の時間。
みんな真剣に見てます。



初めてのお抹茶は苦かったようで、ほとんどの人がすぐにお水を欲しがりました。



今日は10人以上をもてなしたので、片付けが大変でしたね、洋子さん。
ひとつひとつ丁寧に片付けてます。


中紐をこうやって5角形にして収納するのだそう。私もお手伝い。結構大変。
でも、できると色可愛い!



トルコにいて日本文化に触れた日。








IRAQ (イラク)ERBIL (エルビル) part 2.

  • 2011.07.20 Wednesday
  • 16:53
part 1 に続き、明日はpart2 、といいながらアップがもう一週間以上経ってしまいました。
嘘つきでスミマセン。
しかし、先日ブログにアップした旅模様、けっこう好評でしたので、地道に今後もアップしていきますので、お付き合いお願いします。

今日はショッピングのグランドバザールの紹介とババズーラのワークショップ風景です。
まずはババズーラのワークショップから。

地元の学校でのWSです。みんなでゾロゾロ向かいます。既に敷地内です。


校舎の壁には絵が描かれていて、女性がサズ(バーラマ)と共に描かれていて素晴らしい!とLevent写真をパチリ。


確かに、そうだ、とMuratも。


マネージャーのAhmetcanも。



シンガーElenaも



じゃあ、ダンサーNourahも。
毎回こんな感じでみんなで写真撮りあってワイワイ歩いたりしてます。



こんな絵も。アンニュイ美女がウード持ってます。しかしなんてキッチュなファッションなのかしら。
エルビルはキッチュなところでした。


これもだいぶ。



さて音楽室でのワークショップ風景です。
ムラットがトルコ語でマイクを持った女性がクルド語で訳してました。
通訳の女性は後で話して知ったのだけれど、ただいま妊娠中
あ、彼女の髪型さっきのアンニュイのウード持ってたキッチュなお姉さんと同じ。流行ってるのかな?


他の国ではここにダンスも入ったり、ダンス中心でババズーラたちが伴奏してくれるというものであったりもするけれど、ここは女性が人前でダンスするのはあまり好まれない所なので、今回は私はお休み。残念。
でも後ほどレベントがババズーラのライブではいかにダンサーの存在が大切かを切々と語り私の紹介もちゃんとしてくれました。日本人のダンサーやマケドニア人のシンガーと一緒に活動するのも、実際コミュニケーションは大変だけれど、トルコだけでまとまらず、音楽をよりグローバルにしてくれるから、という話も聞けました。
そういうことだったのね。

ちなみに女性トイレがここでは見つけられなかったのです。何故??

オリエント・エクスプレッションズのCem Yildizもフェスティバルに招待されていて、一緒に演奏してくれました。


Orient ExpressionsのCD、DIVAN.
Ehmed,Istanbul 1:26a.m、Dera Sor,Beat of Peraとか好きな曲たくさん。
私の選曲したCD「Bellydance Istanbul」にも彼らの曲入ってます。

サンプラーの使い方など地元の学生に教えてます。右の男の子、とっても真剣。胸に手を当てるほどの神妙さです(笑


その場で演奏が始まり、これが結構良いのです。あのEhmedのサズだ〜、と何度も踊ったことある分生音で聞けてダンサーとして感無量でした。
ジェムとは後ほどババズーラステージで共演もできました。


その後は地元のミュージシャンがウードを弾いてくれました。
とても上手な演奏でした。アラビックだった。この人も学生さんかしら?

さて、次はバザールです。ショッピング!!

この中がバザール。

実はバザールの中は人がいっぱいで、黒布で顔覆っている人多かったからなんだか気が引けて写真撮れなかったのです。
今思うともっと撮っちゃえば良かった。

布地屋さんで会った伝統民族服を来たおじいさん。
左はジェムの妹Deniz。右はムラットの彼女のEsma。


化粧品。MACとかロレアルが安い。5ドルとか。やっぱり偽者?



こんな帽子も。ステージコスチュームになるものはないかと物色中。

エレーナも。後ろにはたくさんのガラベーヤが並んでますね。
彼女は結局これを購入してました。


民族衣装がたくさん。


キラキラだ。


着るとこんな感じですね。袖がとっても長い。


腰や胸の飾りはこれら。

オーガナイザーの女性がこの民族衣装をコンサート当日貸してくれて、それを着て踊りました。
なぜなら女性がまずステージに上がるのもNGなのに、その上ダンス、その上露出の多いベリーダンスコスチュームだと困るとのことで。
こういった肌を出さない衣装を着ることに。
でもけっこう可愛かったです。


この写真は楽屋テント横での化粧時写真。
たまたまDenizが撮っていてくれました。

さて、コンサートタイムはやはりバタバタで写真撮る余裕なしでした。
しかし!コンサートはすごかったです。
野外ステージで会場はとても広かったのですが、
ステージから見える範囲は男性のみ。怖い!!
どうやら男性達の後ろに女性達もたくさんいて喜んでいたそうですが、ステージからは見えず、なんだか異様な光景でした。
ステージに上がった瞬間、もうとんでもない歓声で、自分がスーパースターになったような気分。

楽屋からステージまではちょっと距離があって、 ボディガードが一人いたけれど、一曲踊るごとにどんどん取り巻く人たちが増えて、コンサート終了時にはすごい人数の人達に追いかけられながら、逃げるように楽屋へ。
そしてオーガナイザーからはすぐにバスをよこすから、着替えは後でとにかくすぐに乗ってくれとバスに詰め込まれ、会場を後に。
確かにあれでお腹だしたりする衣装だったら、本当に危険だったのかもしれないですね。
そして次の日は決してバザールなどに出かけないように、と厳重注意でした。
パニックになるかもしれないから、と(笑

オーガナイザーによると、ステージ上でダンサーが踊る、そのうえベリーダンスみたいにセクシーなダンスをするなんて、ある意味ひとつの革命だった、と。自分たちのイベントはきっと10年後にみんな理解するだろう、みたいなことを言ってました。そんな革命に参加できて光栄でした。




エルビルのミュージックテレビ。これまたキッチュで大笑いして見ました。





初日の夕焼け。ホテルのプールサイドにて。
















IRAQ (イラク)ERBIL (エルビル) part 1.

  • 2011.07.13 Wednesday
  • 23:38
今日から少しずつ旅の間の出来事を写真でアップしていきます。
2ヶ月半東京から離れてましたが、ほぼ毎日仕事してました。
プラプラ遊んでいたわけではないですよ。
東京にいるより忙しかったかも。

ダンスの仕事なので、遊びみたいなものですが、本気の遊びです。

まずは衝撃的な初IRAQ (イラク)ERBIL (エルビル)から。



POSITIVE VIBRATIONS というフェスティバルでのババズーラ参加でした。
他にはOrient Expressions の CEM YILDIZ、そして Kolective Istanbul.
残念ながらババズーラは次の日にイスタンブールでのライブがあったので、CemやKolectiveのライブは見れませんでしたが。

日本人はイラク入国はビザ必要なんですね。
飛行場ですぐとれましたが。


送迎車の座席カバーが可愛い!!







ワークショップとかテレビ取材の合間を縫って、無理やり観光。

エルビルの遺跡に行ってきました。
およそ1000年はとうに経っているという遺跡。



早く中に入ってみたい。。。


中に入ってみました。







小さなミュージアムがあった。





民族帽子、可愛すぎる!!!

やっぱり良いものはいい。すごく丁寧に全て作られてる。



現地の民族衣装も。

衣装の着方とか、エスノな衣装の勉強になるなー。





たくさんの織物が飾られていて。




地下には小さなショップも。

彼はマネジャーのアフメッジャン。
この帽子を彼はお買い上げ。10ドル。



ミュージアムから出て散歩することに。





ドキドキする細い小道がたくさん。


前を歩いているのは現地のおじさん。何度もその道は危ない、入ってはいけない、といわれる。
建物が倒壊寸前のものが多いそう。



でもだからこそ、紛れ込んでみたくなるような。。。






確かに、このつっかえ棒は非力そうな。。。

でも屋上に上がってしまった。

イラクの旗?それともクルディスタンの?


ちょっと座ってみました。







天井の柄。可愛い。











結局さっきのおじさんが案内人になってくれる。



木のふもとにはシートがひいてあって、木の実を拾って食べてる。

美味しいのそれ?


怖怖かじってみた、けっこう甘くて美味しい。



ババズーラのメンバーと。













遺跡からの眺めはこんな感じ。東京とはまるで違う。



左からシンガーエレーナ、エスマ(ムラットの彼女で最近は一緒にダンスもしてる)、私




 ババズーラ ムラットと サウンドエンジニアの ジャン。





みんなで写真撮影。



明日はワークショップ風景やバザールの様子を紹介します。


部屋の紹介

  • 2011.06.04 Saturday
  • 20:38
どんなところに泊まっているの?とよく聞かれるのでチョットご紹介。
イスタンブールではこんなアパートメントに泊まってます。






ミスケットのギュルシャンが描いた絵をもらったので、一緒に飾ってます。



トルコは絨毯のセンスがいい。




屋上からはこんな良い景色が。
よく映画の撮影にも使われているそう。


後ろにはガラタ塔が。


ここでくつろぐのも好きです。











ベリーダンス・イスタンブール・ツアー 2011春

  • 2011.05.16 Monday
  • 18:22
 
4/28-5/8までの10日間のベリーダンス・イスタンブール・ツアーの様子です。
今年は20人の参加者でした。
そして女一人、トルコ語があまり達者でない、ベリーダンサー、日本人という4重苦で、やはりトルコで働くのは大変でした。
トルコは予定がしょっちゅう変更するし、日本人は予定変更されるのは慣れてないので困ってしまうし、、、その間に入って予定を動かす身としては怒ってばかり。
ツアーの間は携帯がずっとなり続けていて、携帯が友達みたいだった。
ベリーダンスフェスのオーガナイザーやテレビ番組のディレクターやババズーラのマネージャーや、衣装屋さんやツアー参加者や、etc...

でも人数多い分、みんなでできることがたくさんあり、そして参加者がみんなポジティブで本当にとても濃いい良いツアーになりました。

参加してくれたみなさん、本当にありがとうございます。
できれば一人一人ともっとおしゃべりしたりする時間をとりたかったけれど、みんなが楽しそうにしているのを見るのがとても幸せでした。

もちろんツアーの間は日記を書く時間などないので、やっとここにきてアップできます。
時系列に並べるのは今ちょっと難しいので、ランダムに写真をアップしてコメントいれていきます。




今回は人数が多いので、わかなさんに旗を作ってもらいました。
そしたらこんなに可愛いフラミンゴが旗!!
レストランの背景のフラミンゴとパチリ。


こんな感じにテーブルに。あだ名はペンベ(ピンクの意)。とっても大活躍でした。

ガラタ塔から見るイスタンブール。
ガラタ塔はいつ登ってもいい。
一日ずっと眺めていたくなる。




衣装を着てイスタンブールでの撮影会にて。
当日はあいにくの雨。
急遽室内での撮影に変更。
素敵なホテルをお借りできて、そこで撮影。
きれいな色味でしょう?




最後残った4人でパチリ。フィルムとデジカメで2人のカメラマンに撮影してもらいました。できあがりが楽しみです。


景色のよいレストランで食事。
魚料理が美味しい!!




ベリーダンス・フェスやツアー中のレッスンの先生たちと。

トゥバ・シャカ 典型的なターキッシュオリエンタル。ゆったりと踊る。フィギュアが綺麗。
今回出会えた素敵なダンサーでした。


エレーナ・レンティニ シャーマニックなダンサー、先生。70代なんですよ。ババズーラのことも大好きで、是非一度は彼らと踊ってほしい。


セラプ・スー 衣装屋さんもイスタンブールで始めてます。

Belly Suという衣装屋です。


ジプシーダンサーのレイハン・トゥズスズ。可愛い!家の連れて帰って、テーブルの上で踊ってほしい。


私もフェスでレッスンしましたよ♪


レジェンドダンサー。セマ・イルディス


DR.SERPHILM もう2002年からの付き合い。大学でも教えているので、本当に教え方がうまい。



日本の災害にたいして関心が高く、フェスの間にテレビ出演も。
babazulaの出演に続き、
またもやHaber Turkの同じスタジオにて。

サマンヨルのマヴィとナタとノーラによるオルハン・ゲンジェバイの三人のダンスや、私のソロやインタビューなど。
でも予定していた全員でのダンスも時間ぎれで途中でいきなり音カットされたり、びっくり!!でした。
今回の被災でいかにみんな心を痛めているか、他に日本のベリーダンサーがいかにベリーダンスを愛しているかなども、伝わったようです。




ベリーダンス・フェス期間のコンテストの夜。私はコンテストは嫌いなので、ベシクタシュのワインバーミスケットへ。ちょうどギリシアからのミュージシャンのライブが。名前は「Alcalika」
すごくヒプノティックで最高のライブだった♪ミスケットのオーガニックワインとこれまた相性がいい。



 ババズーラともメンバー数人参加してもらって、踊りましたよ。
ババズーラも夢見たいな夜だったと喜んでました。




エディルネでのファンキーなジプシーおばさん。


この後この木に火が燃やされます。
今年は雨で寒くて人が少なくてちょっと寂しかったけれど、でも良いジプシーフェスティバルでした。





エディルネでの音楽セラピー博物館へ。そこでは水彩画のデモが。


器用にインクをたらしていきます。


できあがり。

ホテルの屋上にミュージシャンをよんでプライベートパーティ。

ババズーラのダルブッカのジョシャが友人のジプシーミュージシャンを手配。
予算は4人分しかなかったのに、なんと8人のミュージシャンを連れてきてくれました。
メルジャン・デデのクラリネット奏者アイクットも。
贅沢な夜でした。
写真はジプシーダンサー。




パーティは日本への募金も兼ねていて、セマも日本へチャリティで自分の衣装を寄付。
東京の衣装屋さんFIGの5月末のチャリティーセールに出品されます。
ありがとう。セマ・イルディス!!



私がもっているかごには集めた募金が。
今回参加してくれたメンバーのひとりのアキさんが仙台在住なので直接被災地に持っていってもらうことになりました。
ベリーダンスフェスの募金も合わせて、74550円です。
アキさん、よろしくお願いします。



ガラタ塔のふもとで寝ている犬(笑
この状態でずっと寝てるのです。
やっと暖かくなったから、犬も最高に気持ちよかったのでしょう。
人だかりでした。



そのガラタのふもとでメンバー全員で写真撮影。



今回すごくお世話になった現地の友人たち。
エディルネへの車の運転手をしてくれたり、女だしトルコ語変だしでトラブル頻発で困っているのを助けてくれた仲間たち。ありがとう!!



いつもポジティブなムードを作ってくれたファティ・ウマ。


最終日の夜はボスフォラス・クルージング。
ミュージシャンをよんで遊びました。

購入したばかりの衣装を着て踊る愛ちゃん。

ボスフォラス大橋を背景に写真撮影。

なんだかすごいことになってました。


ミュージシャンまで一緒に♪


みんなが楽しんでくれて、良かった。
ホッと一息。



発言する機会があるということ

  • 2011.04.18 Monday
  • 09:21
 トルコテレビ、HaberTurkの深夜番組「Ses Birki Uc」の生放送、無事終了。
24:00−と聞いていたけれど、
実際は23:15−から1時間ほどの番組でした。
なのでユックリ準備していたら、15分後に始まると聞いて、あわてて用意。
ババズーラとの仕事、というかトルコの仕事は予定が定まらないから大変。
トルコ語ができないせいで予定聞き間違えているのかしら?

5曲中2曲踊った。

インタビューが長い番組で、普段から人前で話すの苦手なのにトルコ語でのインタビューは本当に緊張した。

日本に住んでいるということもあり、今の日本の状況、地震から津波、原発、放射能について聞かれ、伝えたいことがたくさんあるし、トルコも日本を援助してくれているし、ババズーラも日本にチャリティイベントしに来たいとまで言ってくれていて、感謝や他にも伝えなければいけないのに、話せず、穴があったら入りたい気分です。

トルコのテレビで自由に発言する貴重な機会をもらえたのに、それを生かせないことのジレンマ。
話すことは苦手だけれど、それを変えなければいけない時がやはり来ているのだと、苦手だけれど話して伝える努力をしないといけないのだと、そして日本人を代表しているという意識を持たないと、、、と改めて思いました。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。








真ん中、歌手でもあり、今回の番組のインタビュアーと。すごく可愛かった!
右は歌手のエレーナ。

インタビュアーのCD.









トルコ・ヨーロッパにいます。

  • 2011.04.11 Monday
  • 20:42
 4/10−5月末までトルコ・ヨーロッパにいます。

今回でトルコに来るのは11回目。回を重ねるごとに長旅に出る前の寂しさが強まってます。
東京が日本が好きなんだな、と。
こういう不安定なときだからか、家族や大切な友人たちや猫と離れるのは今まで以上に後ろ髪引かれる思いです。
もしくは年をとって新しいことを受け入れるのが億劫になっているのか。。。?

さて、トルコではババズーラのコンサートのほかに、
トルコでは2回目となるインターナショナル・ベリーダンス・フェスティバルに招待され、
現地でレッスンとショーを行います。

そしてそれに合わせて今年も生徒さんたちとのベリーダンス・イスタンブール・ツアーを10日間行います。
今年は参加者20名。今までで最大なので、前準備をしっかりやらないと、、、と緊張しております。
参加してくれるメンバーの素敵な思い出になるよう心をこめて。

とりあえず直近では15金曜日のババズーラのショー。
イスタンブールにいらっしゃる方は是非来てください。
ご連絡いただければゲストも何人かご用意できます。

写真などは随時アップしていきます。

ご連絡はメールアドレス
nourah@maknatis.com
へお願いします。

他にもスカイプですと
Nourah iphone

iphoneユーザーの方にはviberも入ってます。
お気軽にご連絡ください。



被災者の方々へ HIS被災地支援プラン

  • 2011.03.29 Tuesday
  • 16:20
 HISが被災者プランを作っています。
http://www.his-j.com/tyo/special/shien.htm?lcid=tb01


長期滞在 カッパドキア&イスタンブール30日間 スタンダードクラスホテル
http://e.his-j.com/trip/ciao/voyage/02A_10/TC-LIC2885/____1

東北6県と茨城県民であることが条件、被災者の方にお伝えください。

私も4月半ば以降はトルコにいますので、
イスタンブールでの行動についてはお手伝いできることがあると思います。

イスタンブール・ベリーダン・スツアーします。

  • 2011.01.27 Thursday
  • 20:55
 2011年5月、Nourah、トルコにおけるインターナショナル・ベリーダンス・フェスティバルに講師として招待されます。

詳しくはInternational Bellydance Festivalをご覧ください。

またそれに合わせて、4月28日〜5月7日の10日間、ノーラと旅するイスタンブール・ベリーダンスツアーを行います。
参加に興味のある方、詳細知りたい方、お気軽にご連絡ください。

nourah@maknatis.com

search this site.

categories

BSフジ ドキュメンタリー

profile

レッスン情報

ルハニ ベリーダンス アーツ
詳細
http://bellydancearts.jp/

【スケジュール】

【月曜日】
10:30 ビギナー(入門) by Latte
19:30 ベーシック(入門・初級) by Ayla

【火曜日】
11:00-ビギナー(入門)by Minori

19:00-21:00プロジェクトクラス(中・上級)(プロジェクトごとの招待制)
21:30-23:00 ドラムレッスン by Takseema

【水曜日】
11:00 ベーシック(入門・初級)by Nourah
12:15 オープン・クラス(外部講師のためのクラス)byNourah
※オープンクラス参加希望の方は事前にお申込みください。

19:15 ベーシック(初級) by Nourah
20:30 ビヨンド (中・上級)by Nourah

【木曜日】
11:00 ベーシック(入門・初級)by Nourah
12:15 ビヨンド(中・上級)by Nourah

19:15 エスノ・フュージョン(中・上級)by Nourah
20:30 ベーシック(初級)by Nourah

【土曜日】
10:30 Begginers(入門)by Macka
12:00 Basics(入門・初級)by Nourah
13:15 Beyond(中級)by Nourah
15:00 Beginner(入門)by Nourah

::::::::::::::::::::::

●本校 スタジオ・ルハニ
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-36-17-3F 最寄駅: 表参道駅 A2出口より徒歩8分 原宿駅 竹下口より徒歩10分 明治神宮前駅 エレベータ口より徒歩7分 外苑前駅 3番出口より徒歩8分

スタジオへの道順

http://n.maknatis.com/?eid=412

::::::::::::::::

お申込み・問い合わせ:
TEL:090-9159-6625
Mail:nourah@maknatis.com

moon fase

CURRENT MOON

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM